理解りみ深し君

理解りみの深いブログ

ニコニコ動画の隠れた名楽曲3選

こんにちは。ニコ厨の蔦谷一です。
ニコ厨とは、ニコニコ動画を愛する者達に与えられし称号のことですね!

昨今は、動画内での広告表示収益化の効果も相俟って、優秀なクリエイターさんやパフォーマーさんがYoutubeに挙って現れ、日本国内でも動画サイトといえば、Youtube!という感じになっておりますね。

いやはや、十年ほど前の人気は何処へやらという感じですが、しかし、今でも素敵な動画をニコニコにアップロードしてくれているクリエイターさんは数多く残っているのも事実で、僕は今でもニコニコのランキングはほぼ毎日チェックしています。

そんな僕が今回紹介したいのが、ニコニコに投稿された数多くの動画のなかでも、僕の心に深く残っている三つの楽曲になります。

これらの動画は、ふとした瞬間に急激に聴きたくなります。きっと私が走馬灯をみる機会に恵まれたのならば、きっとBGMとしてこれらの楽曲が脳内再生されるかとでしょう。
そう。僕にとって、もはや下記に記す3曲は『心のふるさと』となった楽曲といって過言ではないのです!

三曲とも裏寂しい空気感が漂っているのは、きっと僕の性格がとても暗いせいでしょう。
って、もうバカっ!
貴方は僕に何を言わせているの!
そんなわけで、とにかく紹介に移っていくぅ!

あっ、因みに3曲ともオリジナルはVOCALOID楽曲ですが、内2曲はオケと動画はそのままで、ボーカルのみ別の方に吹き替えられたカバー楽曲になります。


1.【ちょっと低めで歌ってみた】グリグリメガネと月光蟲【初心者F】

いかがでしょうか。
どこか不思議な雰囲気を持つPVと、それを包み込むような優しい歌声がひとつの世界観を完成させているとは思わんかね。(だれやねん)

僕は、この楽曲を夜の静寂に隠れた熱情を謳っているのだと解釈しています。
心の内にともる炎は手に触れることもできず、徐々に勢いが消えていく様をただ眺めることしかできません。
この炎はきっと胸を締め付けるような痛みで、それでいて、生きる歓びでもあるのでしょう。


2.青/164 feat.MAYU

僕が青春時代に経験できなかった、甘酸っぱい恋を謳った楽曲です。
僕にとってこの曲は、冬の始まりになるとどうしても聴きたくなる一曲ですね。

動画内のイラストもまた非常にいい味を出しており、歌詞の心情風景をうまく表現していると思います。

この楽曲を耳にすると、自然と僕の脳内で吹雪が吹き荒れます。
きっと、二人を分かつのは卒業でしょう。
卒業式前夜、一人の少年(若しくは少女)は、先輩に真意を伝えるべきか、どうかと葛藤しているのです。
窓の外は、勢い良く降り続ける雪。それは、彼(若しくは彼女)の心情を天候が体現しているようではありませんか。

そして、迎える卒業式当日。
目の下に隈をこさえた主人公は、前日の悪天候が嘘のように晴れ渡った色素の薄い青い空を眺めて、決意を固めるのでしょう。


3.【歌ってみた】 銀河録 【ちお】

夏の終わり、ひとつの冒険を終えた二人。
その中でみた、あの光景は、ずっと二人だけのもの。



以上。
三曲紹介しましたが、如何でしたでしょうか。
妄想は捗りましたかな?

うんうん、なるほど、なるほど。
捗ったんですねっ、それならよかった!

それでは、皆さん良き妄想ライフを!
グッバイ!